物流センターのリ・エンジニアリング設計

  1. ロジスティクス・ エンジニアリング
  2. 物流センターのリ・エンジニアリング設計

物流センターのリ・エンジニアリング設計

現在作成中です。

近日中に更新しますので、しばらく、お待ち下さい。

コンサルティング概要

  • 現状の業務フロー評価と出荷データの分析から、出荷業務プロセスの改善案を設計。
  • センター全体の「あるべき運用」を設定し、それに連動した物流機器、レイアウト、WMSなどを設計。
  • 全社SCMの観点から、センター統廃合を含めた新物流ネットワーク案の策定。

物流センターの機能をフルに発揮させるには、運用の設計が最も重要です。与えられた条件から、入荷から格納、出庫、出荷まで最適な業務フロー(運用)を先に設計し、その後で運用に合わせた建築要件、物流機器(ラック・コンベア・垂直搬送機)・レイアウト・情報システム(WMS)などを設計・設定していくことが理想です。
その際弊社では、全体業務を画一的に見るのではなく、それぞれの業務を独自の切り口で分類し、最適と考えるオペレーションを柔軟に組み合わせるという手法(アプローチ)を取ります。

 

また、固定的なハード投資(自動倉庫やコンベアラインなど)はできる限り避け、WMSを中心とした柔軟性のある運用設計を行うことを重視しています。
必要最低限のマテハン投資を行う場合でも、弊社で設計を行い、設計と機器導入を分離。お客様の購買代理人(バイヤーズエージェント)として、投資負担を軽減させる役割を果たします。

ご支援内容

物流センターの立地・機能の再構築(再編)

  • 納品先別の納品条件、荷量、入荷元などを分析し、サプライチェーン全体の効率化や配送効率の観点から新センターの立地や機能を再定義します。
  • 新ネットワークにおける在庫量、保管費、作業費、配送費を試算した上で、物流ROI(投資対効果)の算定及び現状との比較を行います。

出荷業務のプロセス改善

  • 物流拠点(DC/TC)の実査(ヒアリング、ビデオ撮影など)から、既存の業務フローを整理し、課題を抽出します。
  • 出荷明細データを分析し、最適な業務プロセス、特にピッキング方式、ロケーション管理方式等を設計します。
  • 出荷明細データの分析においては、SKU単位の出荷頻度、1件当たりの荷量・SKU数、SKUや商品群単位でのオーダー完結率などを分析します。それらを出荷パターンに分類し、最適な手法(トータルピック、マルチオーダーピック、シールピック、ラインピック等)を組み合わせた最適な業務プロセスを設計します。

倉庫エンジニアリング

  • 業務プロセス分析、出荷データ分析に、在庫特性分析を加え、入荷から出荷に至る倉庫全体の運用フローを定義。それを元に、必要面積、物流機器、レイアウト、WMS要件を設計します。
  • その際、マテハン機器の投資は必要最小限として設計し、将来の出荷・在庫特性の変更に柔軟に対応可能となるようにWMSを中心として設計を行います。
  • また必要に応じて、作業別の投入時間・稼働率計測を行い、WMS、マテハン機器等の投資に対する定量的効果を算定します。

コンサルティング実績

業種 売上規模 支援結果
通販事業者 数百億円

新センター建築と並行して最適な運用案を設計し、それに基づき設備・情報システムの設計を実施。高パフォーマンス(生産性、品質)を実現するとともに、マテハンメーカーの提案内容に比して50%以上投資額を抑えることに成功。具体的にはコンベア・自動倉庫を極力抑えつつ、各メーカーから機器単位で購入し、設備単価を抑えるこうとに成功しました。

詳細は実績をご参照下さい

コンサルティング事例

中国企業との合弁設立に向けたビジネス・デューデリジェンス

正しい判断を導く為に、現地視察による現状の3PL物流事業の実態を診断。(物流事業診断のポイント)・アセットベースド戦略・管理組織および物流管理レベル・各荷主の管…

SCM機能強化プロジェクト

全部門の業務プロセスの整理、問題点の抽出 経営会議における事業オペレーションの解決方向性の提示 在庫、物流コストの現状分析 優先すべき改善対象の明示 改…

SCMを支えるトータルロジスティクス戦略の構築

調達領域のSCM改善プロジェクトとして、VMIモデルの見直しを推進①業務実態の確認・現在推進中のVMIを中心とした、サプライヤー業務も含めた物流実態把握 ・V…

中国マーケットにおける運行管理システムビジネスの調査

2か月間にわたる現地調査による調査レポートの取り纏め【ステップ1:スコープ定義】・調査対象・項目の確認・合意調査項目リスト作成【ステップ2:調査調査実施】・…

ニュービジネスモデル企画構築プロジェクト

基本計画書策定に向け、以下テーマを推進。1.本ビジネス上の問題点の仮設設計 ・ビジネス推進上のカベ(脆弱箇所)の洗い出し ・流通コスト押し上げの想定要因の洗い出…

全国の物流拠点ネットワーク再編

DC/TCの拠点ネットワーク配置を、徹底した現状分析、ロジクロスのデータシミュレーション技術により最適なものにする1 ネットワーク「物量」を分析2 物流パターン…

メーカーのSCM強化に向けた物流改革プロジェクト

4か月間における現状分析および改善実施・現状解析(コスト構造・運用実態)による仮説設計・現地ヒアリングによる仮説検証・3PL事業者の機能評価新契約スキーム…

輸配送事業計画の策定支援

現状分析既存事業の分析(市場性、競争力、収益性の評価)、同業他社の動向収集、3C・SWOT分析組織風土調査(沿革、経営方針、経営計画他) ・機能強化施策策定…

荷主様向け 物流改革プロジェクト

物流戦略の立案(トップインタビュー、物流ネットワークの見直し、保管型倉庫での在庫運用水準の見直し)・3PL契約体系・役割機能の見直し・タリフスキムの改定(車建…

物流ネットワーク再編事業

物流分析によるあるべき物流スキームの提示・RFP(入札回答依頼書)作成・候補業者発掘・競争入札実施・管理者面談、拠点視察・応札業者評価、業者決定・稼働前準備支…

お問い合わせ・ご相談・無料診断のお申し込み

物流改革に関するご相談、ご質問や無料診断のお申し込みなど、お気軽にお問い合わせください。

  • お電話でのお問い合わせ 平日:9:00〜18:00 03-6263-0375
  • 無料相談窓口
  • 無料診断お申込み

PAGETOP