サプライチェーン統合管理システム企画設計・構築支援

  1. ロジスティクス M&A

サプライチェーン統合管理システム企画設計・構築支援

現在作成中です。

近日中に更新しますので、しばらく、お待ち下さい。

コンサルティング概要

  • サプライチェーン統合管理システムの設計及び導入支援
  • サプライチェーンデータ構造見直しによる社内ならびに取引先との情報共有の円滑化
  • システム導入を通した生産・調達・在庫管理・出荷プロセスのコントロール化

通信インフラの5Gの普及に伴い、あらゆる情報が瞬時に共有可能な情報基盤が構築できる現在において、社内各部署ならびに取引先との横断的なサプライチェーン情報の連携を革新させることが、製造業および流通業の重要な経営課題となっています。これまで、組織が複雑化・縦割り化することにより、関係者間での連携がうまくいかず、外部環境の変化に素早く対応できないという問題が多く見受けられてきました。また、生産管理・生産計画・在庫管理などの企業内システムにおいても、連携が不十分な複数の社内システムを長年使い続けており、情報の断絶や情報抽出の複雑化を招いている問題が根強く存在してきました。場合によっては、紙ベースでの管理を続けていることによって、分析に膨大な時間を要するクライアントも存在します。そのため、ボトルネックの特定が困難になり、環境変化への対応や、社内の改善活動が進まない事態が発生しています。

弊社では、サプライチェーンに対する深い知見を有したコンサルタントが現地調査、インタビュー、データ分析を通して現状把握と課題抽出を行い、クライアントごとにサプライチェーンのあるべき姿を設計致します。そして、あるべき姿を実現するための社内外の横断的なサプライチェーン統合システム導入を通して、組織間情報共有を円滑化し、出荷・生産・調達・在庫管理プロセスのコントロール化を支援します。その結果、予実把握を正確/迅速化し、計画変更への追随スピードをアップすることで、社内改善活動の促進を実現します。

ご支援内容

サプライチェーンデータ構造の可視化による現行体制の評価、課題整理

  • 社内及び社外との情報と関係者(ステークホルダー)との関係性を可視化することにより、サプライチェーンにおける組織と役割分担の俯瞰的課題を抽出します。
  • 合わせて関係者ごとの制約条件を整理し、可視化します。
  • 抽出した課題に対して、想定される販売・生産・在庫・調達課題に対してデータ分析により問題事象を定量的に整理します。

関係者(ステークホルダー)とのあるべき情報伝達及び共有体制の設計

  • 評価、整理した情報をもとに、客観的にクライアント企業の本来あるべき情報伝達内容、情報共有の仕組み、体制を設計します。
  • 関係部門(製造部、営業部門、サプライヤー等)と討議を重ね、クライアント企業における現状課題を深く理解してもらうことで、組織全体が改善の必要性を認識した体制を整えます。

適切なサプライチェーン統合管理システムの選定・導入支援

  • 関係者間の制約条件、システム導入予算を加味した上で、適切な統合システムのご提案を行います。
  • 必要に応じて、投資に対する定量的効果を算定します。
  • システム導入に際しても、関係部門(製造部、営業部門、営業支援部門等)と討議の上、円滑なプロジェクト推進を支援します。

コンサルティング実績

業種 売上規模 支援結果

詳細は実績をご参照下さい

コンサルティング事例

お問い合わせ・ご相談・無料診断のお申し込み

物流改革に関するご相談、ご質問や無料診断のお申し込みなど、お気軽にお問い合わせください。

  • お電話でのお問い合わせ 平日:9:00〜18:00 03-6263-0375
  • 無料相談窓口
  • 無料診断お申込み

PAGETOP