事業デュー・デリジェンス(DD)

  1. ロジスティクス M&A
  2. 事業デュー・デリジェンス(DD)

事業デュー・デリジェンス(DD)

現在作成中です。

近日中に更新しますので、しばらく、お待ち下さい。

コンサルティング概要

  • 物流事業者及び荷主企業自体のビジネスデュー・デリジェンス(事業DD)
  • 事業の強み・弱みの定量的可視化と、売り手・買い手側のシナジー施策を策定
  • 事業DDにおいて、その他DD(法務、人事、財務等)での確認事項を設定

 M&AにおけるFA支援(フィナンシャルアドバイザリー)においては事業・財務・法務・人事・IT等のDDが必要となりますが、事業DDを初段階に着手し、確認事項を他のDDに反映し、網羅的な評価を実施することが肝要です。このため、弊社ではM&Aのバリュエーションに資する事業性評価(事業DD)を実施します。物流事業者の場合、物流サービス、荷主業種、拠点、資産(車両・倉庫設備)等の多角的な事業性評価を実施します。荷主企業(メーカー、卸、小売業界)の場合は製品、製販組織、販売チャネル、店舗等のバリューチェーンの構成要素に応じた事業性評価を実施します。

ご支援内容

物流サービス、荷主業種、拠点、資産(車両・倉庫設備)等の多角的な事業性評価

  • 物流事業者の事業DDから、中期経営計画の策定・実行までを支援します。
  • 物流事業者の事業性評価として、物流サービス、荷主業種、拠点、資産(車両・倉庫設備)等の多角的な切口を用いて定量的に可視化します。また、顕在化していない、あるいは聖域として切り込んでいなかった領域(物流サービス、拠点等)に対して、改革施策を策定します。
  • 事業DDにおいては法務(取引先契約、賃貸借契約等)及び人事(作業員などの労務管理)の領域の確認事項が抽出されます。当事項を整理して他のDDへ引継ぎして、クライアント企業として漏れのないDDを実現します。

売り手・買い手としてのシナジー施策の策定

  • 売り手、買い手に応じて、シナジー施策を策定します。買い手の場合、現行ビジネスとのシナジー効果の発現領域を見極め、具体的施策を策定します。
  • シナジー効果を発現させるための責任部門、発現時期などを設定します。その上、関係部門と協議しシナジー効果を確定します。
  • シナジー効果の算定についてはクライアント企業と協議の上、効果値を設定して、バリエーションの判断材料として活用して頂きます。

コンサルティング実績

業種 売上規模 支援結果
製造業者、物流業者等 数十億円-数百億円

事業、組織、エリア、製品群、サービス別に事業性を評価の上、成長戦略の施策とコスト構造改革の施策を策定。両施策を盛り込んだ、中期経営計画を策定の上、当計画を実行して、収益性の改善に寄与。中計については金融機関向けの業績報告にも活用しています。

(詳細は実績一覧をご参照下さい。)

詳細は実績をご参照下さい

コンサルティング事例

お問い合わせ・ご相談・無料診断のお申し込み

物流改革に関するご相談、ご質問や無料診断のお申し込みなど、お気軽にお問い合わせください。

  • お電話でのお問い合わせ 平日:9:00〜18:00 03-6263-0375
  • 無料相談窓口
  • 無料診断お申込み

PAGETOP