M&A、共同事業化支援

  1. ロジスティクス M&A
  2. M&A、共同事業化支援

M&A、共同事業化支援

現在作成中です。

近日中に更新しますので、しばらく、お待ち下さい。

コンサルティング概要

  • グループ経営管理における機能子会社としての物流会社の事業・組織の再編
  • 物流子会社としてオーガニック(外販)及びM&Aによる成長戦略策定、あるいはグループ構造改革の一環として物流子会社の外部への機能移管を支援
  • 物流子会社の事業・組織を再編する際の物流子会社と親会社の物流業務管理機能の再設計することにより、物流QCDの維持・向上を実現

グループ企業経営において、これまで一定の役割を果たしてきた物流子会社のグループ貢献度を再評価した上で、物流子会社の目指すべき方向性(成長あるいは構造改革)を策定します。方向性策定としては、2つのアプローチがあります。物流子会社の中期経営計画策定として、オーガニックとM&Aによる成長施策の策定と、モニタリングを実施します。 また、一方で親会社としてグループ企業再編において、物流子会社の売却を見据えた物流実務及び管理機能の外部移管計画を策定します。売却においてはご要望に応じて事業デュー・デリジェンスを実施して、インフォメーションメモランダムの要件としてご活用頂きます。弊社では経営コンサルタント、M&Aアドバイザリー、M&A実施を主導した事業会社経験者等が本サービスをご提供します。

ご支援内容

物流事業者の成長戦略におけるM&Aの支援

  • 物流事業者を買収・売却するにあたって、物流事業者の物流サービス及びアセット(物流拠点、設備、車両等)の事業性評価を行います。また売り手・買い手の実質的なシナジー施策を策定した上で、効果算定を行います。
  • 売り手・買い手間の実務面での物流の領域と業務機能の切り分けを明確化、書面化して、移管後の出荷停止リスクを回避します。弊社のアウトプットについてはクライアント企業のインフォメーションメモランダムに活用することが可能です。
  • 売り手から買い手への組織と業務の移管計画を策定します。クライアント企業のご要望に応じて移管完了まで実行支援を行います。

物流機能の分社化による新規事業化の支援

  • クライアント企業の物流機能の競争優位性を評価することで、当業界の物流プラットフォームに展開する可能性を意思決定します。
  • 物流機能を分社化するスキームを設計します。またクライアント企業のご要望に応じて、分社化時の共同事業者を弊社の企業ネットワークを介して選定することが可能です。
  • 物流機能を分社化、共同事業化するにおいて、業界の物流プラットフォームに到達するための具体的なロードマップと、その実行施策を策定します。また分社化した新事業のミッションと、組織・業務機能の定義と、中期経営計画の策定までをご支援します。

コンサルティング実績

業種 売上規模 支援結果
エレクトロニクス製造業 数千億円
  • 物流子会社の売却に伴う海外現地の実査を含めた事業DDを実施。売却する物流事業の競争優位性の抽出と、組織・業務機能、資産を選定する等、事業DDからバリデーション、クロージングまで、当初設定したスケジュールに通りに遂行して、ディール成立。
  • (詳細は実績一覧をご参照下さい。)

詳細は実績をご参照下さい

コンサルティング事例

お問い合わせ・ご相談・無料診断のお申し込み

物流改革に関するご相談、ご質問や無料診断のお申し込みなど、お気軽にお問い合わせください。

  • お電話でのお問い合わせ 平日:9:00〜18:00 03-6263-0375
  • 無料相談窓口
  • 無料診断お申込み

PAGETOP